くすの樹ハウス

森付きアパートメント

中央区、桜坂駅そばの賃貸アパート「くすの樹ハウス」を、「アウトドア」のエッセンスを日常に取り込んだ森サイト付きアパートメントとして再生しました。

ご相談

1972年に積水の初期型として建築された鉄骨アパートも築49年を迎え、管理会社からは家賃を下げるか大規模リフォームでしか空室を埋める方法が無いと言われ、7室中3室が空室になっていました。提案力のある管理会社へ変更したいとのご希望からアンドホームズをご紹介いただき、ご相談をお受けしました。

くすの樹ハウス

プロジェクト

物件の所在地である中央区谷は、その名の通り若干の坂は気になるものの地下鉄桜坂駅徒歩4分の利便性。大通り沿いの大型書店や路地裏の隠れ家的カフェなど再開発で賑わう六本松にも程近くポテンシャルは感じられる立地でした。

初回面談時にふと気になったのは、現地窓から広がる森の木々。良い借景ですねとオーナーに尋ねると、森も敷地とのこと。たった一言の会話から方向性が決まっていった瞬間。この森を中心に、アウトドア好きの方に向けた物件づくりをしていくことになりました。

予算はなるべくかけずに現状を活かしつつ、雰囲気を出すことが最優先の課題となります。

外部は、森へ入る導線の確保、ウッドを使った目隠しフェンスの設置や、同じくウッドを使ったサインの作り直しからはじまり、共用部のブラッシュアップを行いました。サインも新しく作るだけでなく、オーナーの想い入れのある既存のサインを活かしつつ、ターゲットの目に留まるロゴを使ったものを設置しました。シンボルツリーのくすの樹がそびえる森自体は、ワイルドでプライベートな雰囲気をそのまま楽しめるよう、入居者専用の共用部としました。アウトドア好きな方はDIYに興味を持っている方も多いので、室内は出来る限りシンプルな仕上げでDIY可とし、オーナーの了承を得た改装については退去時の原状回復も不要としました。

森の利用方法を試すため、テントを張り森でソロキャンプを行うなど、実験的な試みも行っています。

ロゴ
外観
室内
室内
眺望
森キャンプ
森キャンプ
間取図

リーシング

アウトドア好きな方をターゲットにするとはいえ、場所は中央区の住宅街。あくまでも静かに自宅を楽しむという観点から、「アウトドアのエッセンスを日常に取り込んだ、くすの樹の森付きアパートメント」というライトなコンセプトとしました。

朝は木々に囲まれ、ゆっくりとコーヒーを淹れて。

木漏れ日の気持ちいい午後には読書を。

友人を招いて、自然のリビングで会話も弾み、

夕暮れに合わせて、そのまま友人と街へ。

まずは1室を、ディスプレイなどでモデルルーム化し募集を開始。全国的に見ても珍しい、共用部の森でキャンプができるアパートとしてかなり特徴的な物件となったため、一般的なポータルサイト以外にも、面白い物件のみを扱うサイト「福岡R不動産」さんにもご掲載いただき、募集当初から数多くのお問合せをいただくことに成功、モデルルーム化したお部屋にすぐお申込みが入る結果となりました。他空室も順次埋まっています。

物件概要

所在地:福岡市中央区谷1-2-46

交通:地下鉄七隈線桜坂駅 徒歩約4分

面積:35㎡

築年月:1972年(昭和47年)11月

構造:鉄骨造2階建て

企画/ロゴデザイン/リーシング/管理:アンドホームズ株式会社

施工:株式会社クマホーム

Fudousan Plugin Ver.5.8.1
Facebook
Instagram