ボルボ940整備

7/21(火)

昨日、午後から

愛車のボルボ940の

オイル交換をしてきました。

volvo940
volvo940

 

volvo940
volvo940

 

 

96年式、17万キロ走行。

半年か5,000キロでオイル交換、

2回に1回はフィルター交換という

教科書どおりの整備です。

 

クルマについては詳しくなく

細かいことがわからないので

毎回他の箇所も点検して

もらっています。

 

通勤はもちろん

お客様のご案内も

このクルマで行くのですが

毎回、ほぼみなさん

クルマから降りるために

ドアを開けようとして

どうやったら開くのかわからずに

迷ってしまいます。

 

今の国産車は

誰がどう見てもわかる

ドアノブ?というのか握る部分が

あるのですが

この当時のボルボ

ちょっと違っています。

 

もし物件ご案内などの機会があれば

ぜひ載ってみて、ドアノブを探して

みてください。

 

古いクルマで

時々メンテナンスも必要ですが

今のクルマにはない魅力が

かなりたくさん詰まっていると

勝手に思っています。

 

ガソリンをたくさん使うので

エコじゃないなどと言われることも

ありますが

新しいクルマを1台作るために

いったいどれくらいのエネルギーを

使っているか考えてみると

同じクルマを大切にずっと使うことも

じゅうぶんエコなんじゃないかと

これも勝手に解釈しています。

 

不動産もクルマも

どうしても古くて愛嬌のあるものに

惹かれてしまう担当者です。